プロ野球ドラフト情報

澤田圭佑

【15年ドラフト指名球団別】
 楽天 DeNA オリ 中日 西武 広島 ロッテ 阪神 日ハム 巨人 SB ヤク

【16年ドラフト候補】
 高校  大学  社会  独立 投/野


★この春のUSJの旅はこちら

澤田圭佑

投手 B+  沢田圭佑  立教大学 178cm90kg右左  146km/h 大阪桐蔭

 

1年生春季リーグ戦から登板を重ね、1・2年生秋季リーグ戦で5勝をあげた。
粘り強い投球で、安打を浴びながらも得点を許さない。
ただ、3年時は春秋とも2勝にとどまった。4年生になり主将の重責に負けずに、勝ち星を重ねて欲しい。

 

▼東京六大学野球リーグ戦成績 2016年春季リーグ戦まで 

シーズン

試合

完投

無点勝

勝利

敗戦

投球回

安打

本塁打

四死球

三振

自責点

防御率

2013春

9

0

0

1

1

40 1/3

26

2

9

24

7

1.56

2013秋

10

3

1

5

3

62 2/3

51

3

11

49

13

1.87

2014春

8

3

2

3

3

52 1/3

39

3

10

42

11

1.89

2014秋

8

6

1

5

2

65

56

1

13

28

8

1.11

2015春

9

1

0

2

3

42 2/3

60

3

12

21

22

4.64

2015秋

8

1

0

2

1

40

43

1

10

27

9

2.03

2016春

8

2

0

3

2

42

46

2

9

21

17

3.64

合計

60

16

4

21

15

345

321

15

74

212

87

2.27

 

▼2016春季リーグ戦成績

月日

試合

完投

無点勝

無四球

勝利

敗北

投球回

安打

本塁打

四死球

三振

自責点

防御率

4月16日

法立1回戦

1

0

0

1

0

9

10

0

1

4

3

 

4月19日

法立3回戦

0

0

0

0

1

8 2/3

13

1

3

2

8

 

4月23日

早立1回戦

1

0

0

1

0

9

8

0

1

6

1

 

5月7日

東立1回戦

0

0

0

0

1

6 1/3

7

0

2

2

4

 

5月15日

慶立2回戦

0

0

0

1

0

4

3

0

2

3

0

 

5月21日

明立1回戦

0

0

0

0

0

1

1

0

0

3

0

 

5月22日

明立2回戦

0

0

0

0

0

3

3

1

0

1

1

 

5月23日

明立3回戦

0

0

0

0

0

1

1

0

0

0

0

 

8

2

0

0

3

2

42

46

2

9

21

17

3.64

 

 

動画

▼早大1回戦で勝利投手となる

https://youtu.be/aVUFfC1nQ8Q

 

▼2016年東京六大学野球春季リーグ法大1回戦に登板し、勝利投手となる。

ニュース

スポニチ
立大・沢田圭 多田野以来20勝 最速139キロも粘り見せ完投

東京六大学野球第3週第1日 立大4―1早大 (4月23日 神宮)

 

1回戦2試合が行われ、立大の149キロ右腕・沢田圭佑主将(4年)が早大戦で8安打1失点完投し、現役最多を更新するリーグ通算20勝目を挙げた。立大では02年多田野数人以来14年ぶり11人目。明大はエース・柳裕也主将(4年)が8回16奪三振と好投したが、慶大と延長12回の末、1―1で引き分けた。

 

 立大・沢田圭が持ち前の粘り強さで節目の勝利を飾った。中3日の先発で最速は139キロだったが「自分らしく粘り強く投げられた」。3点リードの9回無死満塁のピンチでは直球にカーブ、スライダーを交えて後続を断って追加点を許さず、1失点完投。「直球で空振りを取れたので後半は揺さぶっていけた」と納得顔だった。藤浪(現阪神)らとともに大阪桐蔭で12年春夏甲子園優勝を経験したが、大学では1年春は1勝止まり。「30勝すれば凄い投手と聞いた。でも無理やなと思った」とくじけそうになりながらも、リーグ現役最多勝を更新する20勝目。それでも「まだ一度も優勝してない。ここから巻き返す」とエースの責任感をにじませた。

 

 ▼立大・田中和(両打ちで、6回に右打席で初の中越え1号ソロ)調子は良かった。左右どちらでもホームランを狙える選手になりたい。

 

 ▼早大・大竹(熊本出身。6回途中4失点で敗戦投手となり涙)全体的に球が高かった。(熊本地震で)家族は無事だったけど避難している友人もいる。きょうは絶対に勝ちたかったのだが…。

 

日刊スポーツ2016年4月23日
立大・沢田がリーグ通算20勝 8安打1失点完投

<東京6大学野球:立大4−1早大>◇第3週第1日◇23日◇神宮

 

 立大・沢田圭佑投手(4年=大阪桐蔭)が8安打1失点完投でリーグ通算20勝目を挙げた。

 

 3点リードの9回には無死満塁のピンチを迎えたが、1点もやらなかった。沢田は「20勝挙げてもまだ1回も優勝したことがない。やっぱり優勝した投手がすごい。ここから巻き返したい」とエースのプライドを見せた。

 

日刊スポーツ2016年4月16日
立大・佐藤サヨナラ四球で初戦白星、沢田3失点完投

<東京6大学野球:立大5−4法大>◇第2週第1日◇16日◇神宮

 

 立大が逆転サヨナラ勝ちで白星スタートを切った。

 

 3−1の9回表、先発の沢田圭佑投手(4年=大阪桐蔭)が連打を浴びるなど3失点。その裏に先頭が内野安打で出塁すると、犠打と四球に相手の暴投も重なって同点とした。

 

 1死満塁となり、佐藤竜彦外野手(4年=国学院久我山)がサヨナラの押し出し四球を選んだ。

 

 エース兼主将の沢田は、10安打を浴びながら3失点で完投。「打たれたのは悔しいけど、みんなが逆転してくれた」と感謝した。

 

 

日刊スポーツ2015年12月31日
東京6大学vsヤクルト神宮ガチ対決10年ぶり実現

「東京6大学リーグ選抜対ヤクルト」の真剣勝負が実現する。明治神宮外苑創建90周年となる来年11月上旬、両チームの「本拠地」神宮球場で記念試合を行う計画があることが30日、分かった。ドラフト候補が数多く在籍し、アマチュア球界を代表する存在の東京6大学リーグ選抜が、今季14年ぶりにセ・リーグを制した王者ヤクルトに挑む。

 

 両チームの対戦は、明治神宮外苑創建80周年だった06年以来10年ぶり2度目になる。当時のヤクルトの先発メンバーは現マリナーズ青木、田中、畠山ら、レギュラークラスがズラリと顔をそろえた。結果は3−2でヤクルトが辛勝。投手陣の中心だった左腕、元DeNA藤井秀悟氏が先発し、法大4年だったヤクルト大引が先頭打者本塁打を放つなど、2万3010人の大観衆が沸いた。

 

 来季連覇を目指すヤクルトにとっては、シーズン終了直後の時期で、コンディション面への不安は少ない。野手陣は山田、川端、畠山ら、投手陣は石川、館山、小川ら、スター選手が胸を貸す可能性は十分ありそうだ。対する6大学選抜は、来秋ドラフト候補の明大・柳裕也投手(3年=横浜)、慶大の最速153キロ右腕、加藤拓也投手(3年=慶応)、阪神藤浪の同期生、立大・沢田圭佑投手(3年=大阪桐蔭)らが、腕試しの機会に燃える。

 

 11年からは3月、8月に限り、大学生対プロのオープン戦が認められるようになったが、2軍や3軍との対戦が多いのが実情だ。セ・リーグを代表する1軍のトッププロとの対戦が実現すれば、大学生にとっては貴重な経験になりそうだ。

 

日刊スポーツ2015年12月24日
立大が練習納め、スローガン「革命」で日本一奪還へ

東京6大学リーグの立大が24日、埼玉・新座市の同大グラウンドで練習を納めた。

 

 エースの沢田圭佑投手(3年=大阪桐蔭)は、上重聡(35=現日本テレビアナウンサー)以来、14年ぶりのエース兼主将を務める。

 

 室内練習場で行われたミーティングでは今季4位、昨季5位の結果を振り返り
「ずっと勝っていないチーム。まずは弱いと言うところを認めないと前へ進めない。全員が日本一なるという自覚を持って年明けから練習してほしいです」と、来年17年ぶりとなる日本一奪還へ気合を入れた。

 

 来年のスローガンは「革命」になった。溝口智成監督は「17年ぶりの優勝、その先の日本一を目指すのは並大抵のことではない。そういう意味も込めて『革命』というスローガンになりました。沢田には今の部員にとって必要なキャプテンになってほしい」と話した。

 

日刊スポーツ2015年11月14日
立大、来季の新主将は沢田 副主将は佐藤と田村

東京6大学リーグの立大は14日、来季の新役員を発表した。

 

 主将 沢田圭佑投手(3年=大阪桐蔭)

 

 副主将 佐藤拓也外野手(3年=浦和学院)、田村伊知郎投手(3年=報徳学園)

 

 主務 ■谷智将(3年=川越東)

 

■はニスイに奏の天が笑の竹カンムリを取る

 

日刊スポーツ2015年10月22日
来年ドラフト目玉は創価大156キロ右腕・田中正義

・・・
東京6大学では慶大・加藤拓也(慶応)、明大・星知弥(宇都宮工)がともに150キロを超えてくる。明大・柳裕也(横浜)、立大・沢田圭佑(大阪桐蔭)は抜群の制球力と巧みな投球術で試合を作る好投手だ。また東大の最速148キロ右腕、山本俊(西春)も楽しみな存在だ。
・・・

関連ページ

田中正義
ドラフト候補・田中正義投手を紹介します。
柳裕也
ドラフト候補・柳裕也投手を紹介します。
畠世周
ドラフト候補・畠世周選手を紹介します。
星知弥
ドラフト候補の星知弥投手を紹介します。
岩本喜照
ドラフト候補・岩本喜照選手を紹介します。
田村伊知郎
ドラフト候補の田村伊知郎選手を紹介します。
高良一輝
ドラフト候補・高良一輝投手を紹介します。
加藤拓也
ドラフト候補・加藤拓也投手を紹介します。
佐々木千隼
ドラフト候補・佐々木千隼投手を紹介します。
笠原祥太郎
ドラフト候補・笠原祥太郎投手を紹介します。
濱口遥大
ドラフト候補・濱口遥大投手を紹介します。
秋元秀明
ドラフト候補・秋元秀明投手を紹介します。
丸山泰資
ドラフト候補・丸山泰資投手を紹介します。
小野泰己
ドラフト候補・小野泰己投手を紹介します。
黒木優太
ドラフト候補の黒木優太投手を紹介します。
生田目翼
ドラフト候補の生田目翼を紹介します。
池田隆英
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
城間竜兵
ドラフト候補の城間竜兵選手を紹介します。
二階堂誠治
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
和田悠作
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
橋本悠志
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
山下仁
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
鈴木稜也
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
和久田友
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
園部翔也
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
千葉裕介
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
前田大佳
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
木部拓実
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
山根大幸
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
阿部敏博
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
加藤佳樹
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
会田隆一郎
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
出口心海
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
波多野陽介
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
安田悠飛
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
石倉嵩也
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
黒川雄太朗
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
山岸拳
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
中塚駿太
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
田村圭裕
ドラフト会議が一層楽しくなる様、ドラフト候補者やプロ野球スカウト情報を案内します。
左澤優
ドラフト候補の左澤優投手を紹介します。
中内洸太
ドラフト候補の中内洸太選手を紹介します。
竹内諒
ドラフト候補の大学生・竹内諒投手を紹介します。
堀田晃
ドラフト候補の堀田晃投手を紹介します。
諏訪洸
ドラフト候補の諏訪洸投手を紹介します。
吉野和也
ドラフト候補の吉野和也投手を紹介します。
小原大樹
ドラフト候補の小原大樹投手を紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ